teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


あまりに遠すぎる場所はダメ((x┰^))ゞ

 投稿者:マト  投稿日:2017年 7月25日(火)20時03分35秒
  湯屋番さん
旅に出ましょう、遠くに行ってみたいですね。

先日は平尾昌晃さんも旅立たれました。
つい2年前には小林旭さんや北島サブちゃんと3人で
楽しいステージを繰り広げてたのに残念なことでした。

 
 

だから だから 旅に出ようよ

 投稿者:あれやこれ屋番三郎  投稿日:2017年 7月24日(月)13時04分48秒
  毎日、小さな旅を仕事でしているような番三郎です。
本格的な旅はなかなかできません。
去年の7月はニューヨークでした。もうすっかり飛んでます。

ところで、旭さんも歌ってる「遠くへ行きたい」の曲は
ヨーロッパやアフリカでも歌われているのは知らなかったです。
日本でも色んな人が歌ってますね。寅さんまで。
哀愁のあるメロディが受けているんですね。

モンゴルの歌手 オユンナのバージョンから「遠くへ行きたい」
 

滝伸次登場!

 投稿者:マト  投稿日:2017年 7月23日(日)18時15分14秒
編集済
  >夢追いさん
なるほど、夢追いさんが行かれたのは、沢山の神さんが集まって
洞窟に隠れた天照大神対策を練ったと言われる高千穂の天安河原
(あまのやすかわら)ですね。
賽の河原みたいに小石を積み上げた不気味なところ((x┰^))ゞ

<青春ってありますが年齢の上限はないんですね(笑)>
年齢制限なんて、そんな野暮なもんはありません(笑)
今だって青春!ですけん(ちょっと、いやダイブ苦しいですけど((x┰^))ゞ)

<この頃は「只今、恋愛中」ってとこかなぁ~>
真っ最中ですね(爆)
でも、ある事がキッカケでこのような写真は撮られなくなりましたね。
さてそれがどうだったのか、マトには分かりません((x┰^))ゞ

↓「ギターを持った渡り鳥」
 あらすじには初登場したのが神戸近くの港町と書かれてます。
 また、当初は伊豆下田あたりの設定だったとの説もあります。

結局函館になりましたが、そのためにタイアップをとったり撮影日数を減らしたり
下田を舞台で作ったときの製作費と同程度に抑えたという話がありましたね。
(児井プロの著書だったかも?)
 

青春18きっぷ

 投稿者:夢追い讃岐人  投稿日:2017年 7月23日(日)15時27分47秒
  番三郎さん、マトさん、こんにちは
暑いですね、番三郎さんは今日もお仕事でしょうか?

☆マトさん
 高千穂峡観光では、時間的なこともあってボートには乗らず
 洞窟にある神社のような所を見学したかなぁ~
 「神が宿る場所」と言われていたような、鳥肌が立つ神秘的な
 場所だったと・・・そしてあの時代ですので人は少なかった。
 そんな思いでです。

 青春18きっぷって・・・過去に利用した事はありませんが
 夏の利用期間は7月20日~9月10日になっていました。
 青春ってありますが年齢の上限はないんですね(笑)

 下の遊園地のお二人さん、この頃は「只今、恋愛中」ってとこかなぁ~
 良い感じですね\(^o^)/

 

?
 

旅に出たくなりました((^┰^))ゞ

 投稿者:マト  投稿日:2017年 7月21日(金)19時05分51秒
編集済
  >夢追いさん
<七月中頃から9月中頃まで夏休み取っています。>
そうなんですか、まるでJRの 青春18きっぷ の有効期間みたいですね。
青春ばんざい!!((x┰^))ゞ

高千穂峡に行かれましたか、あそこの一画はいい所ですね。
天狗のお面をかぶって舞う夜神楽見物をしたのがいい思い出です。
もちろん滝の水滴を浴びながらボートにも乗られましたね?

「太陽、海を・・」も「鷲と鷹」も主人公が「ひでえボロ船じゃねえか」と
言いながら船に乗り込むシーンが面白いですが・・そういえば両方の映画に
ルリ子さんが出演されてますね。

「鷲と鷹」では純情な船長の娘 「太陽、海を・・」では成長して(笑)
荒くれどもを相手にタンカも飛ばす港のチャキチャキ娘。
昔から幅広い役柄をこなされてましたね。

 

映画は面白い!

 投稿者:夢追い讃岐人  投稿日:2017年 7月21日(金)11時26分57秒
  管理人さん、マトさん、お疲れさまです。
先ほど雨が少し降りましたが、今は日差しがきつくて蒸し暑いです。

☆管理人さん
 <「夢帰行」は期待した割にはヒットしなくて残念です>
 私はこの歌好きです。コンプリートシングルス6に入っていますが
 TVでは旭さんあまり歌わないですよね、良い歌なのに\(^o^)/

 映画館でもDVDでもストリーと旭さんのカッコ良い所に見とれていますが
 ロケ中には色々なエピソードがあったのですね、共演者しかわからない事ですが
 後に笑い話の一つとしてファンに語ってくれますね、面白いです。
 錠さんには錠さんにしか似合わないセリフ、他の方ではあの雰囲気はでませんね
 本当に映画って面白いわ(^_-)-☆

☆マトさん
 <今も日中にテニスされているんですか?>
 いえいえ、私は七月中頃から9月中頃まで夏休み取っています。
 学生並みに・・少し期間が長いですが(笑)
 熱中症になったら大変、まだ死にたくない・・・
 旭さんの映画全部観終わるまでは、無理はしない、自分が大事ですので(^_-)-☆

 <鹿児島に行ってみたいと旅心を刺激された映画でもありました>
 わかります。そのお気持ち、
 私も20代前半に2人旅(もちろん女友達)しました。
 例の関西汽船で別府に渡り、宮崎(高千穂峡)→鹿児島(指宿温泉、開聞岳)→
 熊本(天草五橋)通り→長崎(市内観光)した事を思い出します。

 <アキラ映画で一番船のシーンが多い映画は「太陽、海を染めるとき」でしたかね?>
 そうだと思います。私の一番の思い出の「波止場の無法者」も船員の役でしたが
 地上でのシーンが多かったですね、

 裕次郎さんの海の映画は「鷲と鷹」三國連太郎さんが共演されていました。
 浅丘ルリ子さんがめちゃ綺麗だった。
 「泣かせるぜ」も良い映画だった。哲ちゃんもカッコ良かったです。
 でも、私は1に旭さん、次に裕次郎さん、次に哲ちゃんです(笑)

?
 

まぼろしの裕次郎映画?!2

 投稿者:マト  投稿日:2017年 7月20日(木)20時30分24秒
  >湯屋番さん
<まぼろしの映画企画があったそうですね。>
ありました。お書きになったように倉本さんにお願いしていたようです。

ご紹介いただいた倉本さんのお話し、↓昔の雑誌に掲載されてました。
倉本さんと小政さん(小林専務)のやり取りが面白いです。

『狂った果実』の続編ねえ・・
あの映画では最後に裕ちゃんもマコちゃんも死んでるし(笑)

そういえば裕ちゃんが死ぬ映画『太陽への脱出』が最初ではなかったですね(笑)

加古川駅前、ビルがたくさん建って昔の面影がないですね。
高校生の時、加古川東高校へ部活で行った事がありました。

「南海の狼火」はリアルタイムで見ました。アキラ人気急上昇のころでしたね。
ロケされた真珠養殖場は宇和島のドコだったんだろう?と探しています。
市内から南に下った所ではないかと思うんですが??です((x┰^))ゞ

質屋うんぬんの映画は「明日なき男」だったかな?と思ってます。

>夢追いさん
今も日中にテニスをされてるんですか?
もしそうならえらいことですね((x┰^))ゞ

 

まぼろしの裕次郎映画?!

 投稿者:外から番三郎  投稿日:2017年 7月19日(水)20時24分21秒
編集済
  〉マトさん
裕ちゃんが体調を崩した頃に、
まぼろしの映画企画があったそうですね。
簡単に言えば「狂った果実」のその後。
みんなそれぞれ歳をとって、
いつ迄も太陽族をやってられないけど
そのスピリッツは忘れてなかったり。
観たいような、そうでもないような。
企画は倉本聰さんです。
今のテレビドラマ「やすらぎの郷」に反映されたようです。

詳細は以下をどうぞ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170713-00000079-sasahi-ent

加古川駅前は今は行ってないのですが、
春からさらにリニューアルしたようです。
元のニッケ工場はないのですが、
地主はニッケです。
デベロッパーも兼ねているようです。
他の場所でもスポーツ関連商業施設を展開してます。
夢追いさんがお得意のテニスが中心です。
加古川はカラオケとイオンと飲食施設に
ホームセンターがありました。

〉夢追いさん
「夢帰行」は期待した割りには
ヒットしなくて残念です。
いい歌でしょう。生歌が聴きたかった。

なんとなく梅雨が明けました。
明けましておめでとうとは行かないですね。
まだ異常気象が続きそうです。

マトさんが書かれてる船上シーンの撮影の
こぼれ話を宍戸錠さんが語っている動画が
ありましたね。神戸から四国に渡る船の
撮影で旭さんが仲々現れない。
昨夜の女遊びが過ぎたようで、とか何とか。
旭不在で先に撮影したとか。
「南海の狼火」でしたね。

錠さんはセリフに凝るのが好きで
常に注文してたようです。
マトさんの質屋のは拳銃無頼帖シリーズですね。

宍戸錠さんのロケ話
 

船上シーン

 投稿者:マト  投稿日:2017年 7月19日(水)15時44分6秒
編集済
  >夢追いさん
梅雨が明けましたが(宣言が遅すぎですがな(笑))早明浦ダムの貯水率は
今何%なんだろう?と部外者ながら気になる今日このごろです((x┰^))ゞ

質屋で出し入れ云々は赤木の拳銃無頼帖シリーズだったと思うんですが
ひょっとしたらアキラ映画だっかも分かりません(失念)
いずれにしましても錠さんのセリフでした、イキですねぇ(笑)

どちらの映画も決闘場面では錠さんのほうから「xxした時が勝負だぜ!」
なんてキザなセリフが飛び出しました((x┰^))ゞ
日活アクション映画特有のそういうスマートなやりとりが好きでしたね。

<で・・・毎日眺めて磨きをかけるのですか(笑)>
いえいえ、放ったらかしです(笑)だから私は怒られる((x┰^))ゞ

<旭さんの船の上の写真珍しいですね、>
映画では「南国土佐・・」や「・・故郷へ帰る」の宇高航路をはじめ
流れ者シリーズで、よく船上シーンが登場しますが雑誌のグラビアで
出てくるのは珍しいですね。

夢追いさんにいわれて考えてみましたが(笑)アキラ映画で一番船の
シーンの多い映画は「太陽、海を染めるとき」(S36)でしたかね?

S40以後の映画はよく分かりません((x┰^))ゞ面目ない。

↓「海を渡る波止場の風」(S35)
 船といえばモーターボートが出てきたぐらいで本格的な船上シーンは
 なかったと思いますが、画面の景色がとても綺麗な映画でしたね。

 鹿児島に行ってみたいなと旅心を刺激された映画でもありました。
  (映画の公開から6年後に実現((x┰^))ゞ)

 

拳銃コレクション

 投稿者:夢追い讃岐人  投稿日:2017年 7月18日(火)15時07分1秒
  番三郎さん、マトさん、お疲れさまです。
今朝8時前から雷が鳴り、その後雨が降ったり止んだり
これで梅雨明けするのかな~?

☆番三郎さん
 「AKIRAとクリスマス」再度観ました。最後の「夢帰行」じ~んと来ますね
 私、旭さん30歳過ぎかなぁ~と思っていましたが45.6歳の頃のコンサートでした
 それにしてもお若い、カッコ良い、やはりスターですね\(^o^)/
 超拡大してそばで観たので実際のコンサートみたいでした(笑)

 裕次郎さんが亡くなってもう30年・・・早いですね、昨日も映画「凍河・1976年」が
 放映されていました。でも裕次郎さんは最初と最後の出演でした。
 中村雅俊さんの兄役でした。
 今もご健在ならどんな裕次郎さんになっていたでしょう

☆マトさん
 また拳銃コレクションの話になりますが
 <なんのなんの(笑)あれは一部で・・・・>
 えぇ~え、あれで一部(爆笑)数え切れない位お持ちなんですね、
 どれもよく似ていると思いますが、違うんですね
 女の私には理解不能です(笑)
 <質屋じゃあるまいしいちいち出し入れは面倒、好きなのを選びな>
 いや~面白いセリフですよ、笑っちゃいました。
 で・・・毎日眺めて磨きをかけるのですか(笑)

 旭さんの船の上の写真珍しいですね、
 下の旭さんと裕次郎さんの2ショット良いですね、お二人共お若い!!

?
 

レンタル掲示板
/385